アパート経営のメリット


銀行の金利は低いし、株式投資にはリスクが...。
しかし、土地をお持ちなら、アパート経営をオススメします。

長引く低金利時代の中、
年10%の収益を上げることも夢ではありません。

一般的な資産運用

日々変動する上、リスクが大きい。
定期預金
ペイオフにより銀行倒産時の保証上限は1000万円。
投資信託
預金に比べ利率は高いが、大きな収益はない。
先物取引
収益性は高いが、リスクも非常に大きい

デフレの時代にあわせた資産の運用を

定期預金や投資信託はリスクは少ないのですが収益はあまり大きくありません。

長期で安定した資産運用の形

長期で安定した資産運用の形

長引く低金利時代の中で10%を越える利廻りが期待できる金融機関はありません。取引銀行や信用金庫の担当者が奨める金融商品も1,000万円以上の大口 定期で年利3%程度。米ドル外資預金に預けても年利4%程度です。投資信託 (投信)は利廻りが確定していませんが、銀行が用意しているものは比較的安定性が高いので年 5~6%程度でなら文句なし、と言うところでしょう。
その点アパート経営を事業として行うと言う意識を持って行えば、年10%程度の収益を上げることも夢ではありません。さらに、アパート経営最大の特色は、 長期にわたって安定した収入が得られること。景気の波や地域性に左右されることも少なく、安定した利回り、収益が確保されるアパート経営は、現在最も理想 とするビジネスとも言えそうです。

資産を維持できるメリット

株や金融商品などは利率や配当のみがその価値ですが、アパート経営は「土地」と「建物」による収入だけではなく、その両方を資産として残していく ことができるのです。

節税対策

土地を更地で所有している場合と賃貸アパートを建てた場合とで は、その土地が「貸家建付地」となり固定資産税、相続税ともに評価額が下がります。 固定資産税は1/6に、相続税はその建築費としての資産金額が課税評価額から差し引かれることもあり、3,000万円の相続税が600万円まで節税できたという話があるほど。高額の税金を納めることが分かっているのなら、少しでも節税しようとするのは当然のことです。