アパート経営のケーススタディ


その土地が、「アパート経営に適しているのか?」、「どのようなアパートを建てれば良いのか?」ということはとても大きな問題です。

市場環境調査

その土地が、「アパート経営に適しているのか?」、「どのようなアパートを建てれば良いのか?」ということはとても大きな問題です。
このような問題、疑問に対してアイ建築工房では、賃貸アパート候補地について徹底的に市場環境調査をさせていただき、「土地環境の問題」「適しているマンション形態」等をお客様へご提案させて頂きます。

仮に昭和45年に100坪の土地を300万円で購入し、
現在の価格が2,000万円の場合…。

そのまま持っている場合

2,000万円×0.7=1400万円
(固定資産税評価額)
1,400万円×1.4%=19.6万円→①
(固定資産税)
1,400万円×0.3%=4.2万円→②
(都市計画税)
①+②=23.8万円

5年間で約119万の支出

23.8万円が毎年徴収されますので、上昇分を考慮すると、5年間で約119万の支出になります。

売却する場合

2,000万円-300万円-66万円(諸経費)×20%
326.8万円(長期譲渡所得税)
実質利益
2,000万円-300万円-66万円-326.8万円=1307.2万円

一時的な約1300万の収入

売却すると、一時的な約1300万の収入になります。

アパートを建設した場合

2,000万円×0.7×1/6×1.4%
3.26万円(固定資産税)
2,000万円×0.7×1/6×0.3%
1.4万円(都市計画税)

税金が約5万へ

アパートを建設すれば、固定資産税や都市計画税が減り、年間20万以上あった税金が約5万へ下がります。

アパートからの収入は…

木造2×4,プードリエ1LDK=1棟4戸建設の場合

建築費総額(諸費用込) 2,450万円

借入金
2,050万円
借入金利
2.375%
借入年数
25年
自己資金
400万円

収入金額

5万円(1戸)×4戸×12ヶ月
240万円
総支出金額
=約140万円
年間手取り金額
約100万円

一年間で約100万円の収入が!

アパート経営の場合、約一年間で約100万円の収入が見込めます!